イシュアーがクレジットカードの請求額を知るレシートデートと外国為替との関係

レシートデートとは自社や提携クレジットカードを発行するイシュアーと呼ばれるカードを発行する会社が、国際ブランドを運営するブランドから売上データを受け取る日の事を指します。

クレジットカードビジネスでは、国際ブランドを運営し加盟店に設置されている国際決済ネットワークを構築するブランド、カードを発行し利用料金を回収するイシュアー、加盟店を増やすアクワイアラーに分かれています。

顧客がクレジットカードを利用した場合に、加盟店に設置されている専用端末から国際決済ネットワーク経由でブランドへと売上データが回収されますが、顧客から利用料金を回収するのはイシュアーの役割となるので、ブランドから売上データを渡されて初めて、顧客に対して請求を行なうことが出来ます。

この仕組みにより、全世界で国際ブランドが対応している加盟店でクレジットカードを利用すれば、イシュアーにどの位の利用料金があるのかを把握することが出来るので、日本企業イシュアーのクレジットカードを海外で使っても問題無く使うことが可能で、正しい利用料金が請求されることになります。

海外での利用において、消費者が注意しておかなければならない事としては請求に関する為替レートがいつのものか、という問題です。請求される金額の為替レートはクレジットカードを使った日ではなく、イシュアーがブランドからレシートデートを受け取った日で計算が行なわれるので、消費者が買い物を行った日や時間帯と請求金額は関係ないという点を覚えておきたいところです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ