ETCシステムを利用した高速道路のスムーズな通過

ETCシステムとは、高速道路の料金所に設置されているノンストップ自動料金収受システムの事です。高速道路の通行料金を支払う際にわざわざ車を停めて料金の決済を行ってしまうと渋滞の元になってしまいますが、ETCレーンを通る事で、停車させることもなく高速道路の通行料金を決済することが可能になりました。

カード発行会社が専用のクレジットカードを発行しているので、これを利用します。自動車側には専用の車載器を搭載し、車載器にETCカードを挿入すれば車載器とレーンが電波のやり取りを行い、高速道路のどの入口から入って、どの出口で降りたのかを自動計算してくれる仕組みです。

その為、ETCレーンを通る際には電波のやり取りを行うので、減速して徐行で通過しなければなりません。スピードを出して通過してしまうと電波のやり取りが行えないので、その先に設置されているゲートを閉じてしまうなどの対策が行われています。

このシステムでは、情報が記録されたICチップに専用の端子を搭載した、ETC専用のクレジットカードを使用することになります。既に持っている通常のクレジットカードにETC機能が無い場合はそのままでは利用することができないので、新たに発行してもらわなければなりません。

車載器に挿入するものとは別に発行されるので、クレジットカードとETCカードの2枚を1契約で所有することになります。これにより車載器に挿入したままでもクレジットカードで買い物は行えるわけなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ