C&Dカードによるクレジットとデビットの機能の使い分け

C&Dカードとはクレジットアンドデビットの略称で、1枚のカードにクレジット機能とデビット機能が搭載されたものになります。

両者とも商品の購入時にカードを通して利用する為、クレジットとデビットは同じ性質に見えてしまいますが、クレジットは基本的に信用取引であり、一時的にクレジット会社が商品代金の肩代わりを行い、後日にまとめて利用者へ請求を行う仕組みになります。

それに対するデビットの場合には、あらかじめ設定している銀行口座から商品代金を即座に決済を行われます。その為、信用取引を行わずに銀行口座の残高による現物で決済を行う事から、申し込みや審査などが不要であり、後日に利用料金が請求されることもありません。

このような性質の違いから利用者によっては使い分けられるものであり、デビットの場合には銀行から発行されるキャッシュカードに搭載されています。

日本では銀行が発行するクレジットとキャッシュの一体型モデルにはクレジット、キャッシュ、デビットの3つの機能が搭載されたスマートカードとして、1枚で様々な利用方法を行う事が可能になりました。

銀行が発行するモデルしか対応していないので、通常のモデルには存在しておらず、都市銀行、地方銀行などに申し込む必要があります。審査基準なども一般と比較してもハードルが高くなっており、ポイントサービスなども不十分な状況から、お得さで言えば一般モデルのカードが使いやすいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ