クレジットカードの中途解約による与信枠設定の変化

クレジットカードの中途解約はクレジットカード会社に解約をする旨を伝えるだけで処理を進めることが可能です。クレジットカードの利用で商品の分割購入を行ったり、キャッシングで分割による現金の融資を受けていた場合には、解約後の最終支払日にてまとめて請求が行なわれます。

中途解約を行なう理由は人によって様々ですが、大きな影響を与えるものとしては貸金業法による総量規制があります。これは貸金業者が顧客に対して設定を行なう現金をいくらまで利用できるのかを示す与信枠に対して規制を行っており、多重債務者を事前に防ぐために顧客の年収の3分の1以下に設定を行なわなければいけません。

つまり、年収の3分の1以下は顧客が他社のクレジットカードや消費者金融などを利用している場合でも、トータルの与信枠の金額が規制対象となるので、あまり使わないクレジットカードを複数所有している場合には1枚あたりの与信枠の設定が少額になってしまいます。

1枚あたりの与信枠を増やす為に、あまり使わないクレジットカードの整理などを行う人なども多くみられます。また、クレジットカードには申込時にキャンペーンとして大量のポイントが付与されたり、賞品の付与や商品割引券が貰える場合があります。

悪質な利用者の例としては、賞品を手に入れた後すぐに中途解約を行い、賞品を再度入手する為に、再度申し込む事例があります。企業側は申込者の個人情報を管理していることから、再度新規契約を行ったとしても賞品を貰うことが出来ません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ