住宅ローンのノンリコースを採用するアメリカとリコースを採用する日本の違い

ノンリコースとは、アメリカで使われている担保型ローンサービスの一種で、債務者が債務不履行に陥った場合に、担保物件を手放すことで完済できるものになります。
特に住宅ローンを中心に利用されており、アメリカで住宅ローン利用で家を購入する場合には、購入した家を担保に住宅ローンを受けることが可能です。

もし、債務者が債務不履行の際には担保となる家を手放すことで、債務から開放される事になります。住宅の扱い方や建てた場所によっては価値を下げてしまう場合もありますが、このようなリスクは融資を行った金融機関側が負うので、債務者には追加の負担などはありません。

その為多額の住宅ローンを組む場合に、もしも債務不履行の状態のことを考えてもリスクは最小限に抑えることが出来るので、住宅取得者が増え、アメリカでは経済の成長を加速させる要因にもなりました。

日本の場合ではノンリコースとは真逆のリコースによるローンサービスが展開されており、住宅ローンを組む際には購入対象である住宅を担保にする所までは同じですが、債務不履行に陥った場合に担保物件を売買をしても借入金額が残ってしまう状況で、残りの残金を追加で支払う義務が発生します。

これにより例えば、災害などで家が被害に遭遇した場合には、手放したいとしても買い手がつかないことによる売買が出来ない状況になるので、被災者などの負担が大きくなります。日本でもこのような事態を解消するためにノンリコースの導入を求めるべきだと言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ