非接触型スマートカードによる電子マネーとクレジットカードの関係

非接触型スマートカードはかざすだけで決済が行える非接触型ICチップが搭載されたカードになります。主に非接触型電子マネーとしてコンビニエンスストアやスーパー、ショッピングモールなどで使用されており、買い物以外ではIC乗車券として交通機関を中心にバスや電車、タクシー等の運賃の支払いに利用されています。

大きな特徴としてはスムーズに決済を行えることであり、コンビニエンスストアやスーパーなどではレジに設置された読み取り機にかざすことで、支払いを行えることから顧客は現金を取り出す時間を短縮できるので、レジ時間を短縮できるメリットが顧客側、店側双方にあります。

また、交通機関では電車の改札口のスムーズ化を一役買っており、改札口に設置されている読み取り機にかざすことで、駅構内への入場、退場を行なうことが出来ます。

昨今ではクレジットカードにも搭載されており、クレジットカードを利用する場合に搭載されている電子マネーブランドが加盟店側が対応していれば、サイン無しでかざすだけで決済を行なうことが出来ます。

タイプとしては2種類あり、プリペイド型電子マネーであれば、前払方式になるので、一定の残高よりも下回ればクレジットカードからオートチャージを行なう仕組みで、ポストペイ型電子マネーであれば利用した金額分がクレジットカードから引き落とされるので、残高が発生しないメリットがあります。電子マネーはブランドによって種類も仕様も異なるので、利用前の確認は行ったほうがよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ