メインフレームによるクレジットカード会社のシステム管理

メインフレームとは、企業が所有して利用している大規模なコンピュータのことです。業務に関わるコンピュータ処理の中心で活動しているコンピュータであり、関連企業や機密情報、端末などの処理を管理しています。

オーソリゼーションと呼ばれるクレジットカードの判定システムにも利用されているもので、カード会社のメインフレームは各加盟店の端末とオンラインによって接続されています。

顧客がクレジットカードを利用した際には、使用できるものなのかどうかを判定するために、加盟店はオンライン通信によってデータベースへアクセスを行わなければなりません。カード会社には無効通知リストというものが存在しており、紛失や盗難、不払いによって利用停止となった顧客情報が管理されています。

このシステムを通じてすべての照合が完了した際に、使用が出来る判定が下される仕組みです。これにより、加盟店側はオーソリゼーションによる判定を行うことで、信用に問題のないクレジットカードだけを決済することが可能なのです。

メインフレームには、オーソリゼーション以外にも、顧客の住所や収入状況、金融事故などをまとめた信用情報や顧客の使い方が一通りインプットされており、いつもとは違う使い方が見つかった場合にはカード会社に知らせる処理などが行われています。

データを記憶させるほどにパターンなどを学習する能力を持っているため、システム上で本人以外の不正使用を検知する仕組みなどが導入されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ