レストリクティッドカードになった無効クレジットカード

レストリクティッドカードとは、無効になったクレジットカードのことです。クレジットカード会社が管理している、無効通知リストと呼ばれるクレジットカードのリストに登録が行われるので、もし加盟店で利用する場合にはオンライン通信による承認システムを通過する段階で拒否する判定が送られてくることになり、決済は不可能です。

無効になるパターンとしては、クレジットカードの紛失や盗難に遭遇した場合や支払いを滞納して強制退会が行われた場合が該当し、利用されては困るカードを対象に無効化が行われます。

紛失や盗難に気付いた際には、利用者がクレジットカード会社に連絡を行って無効化してもらう必要があり、そうすれば拾った人が不正利用を行おうとしても、承認の時点で拒否する判定が行われるので、使うことは出来ません。利用者には発行サービスにより新しく番号登録されたクレジットカードが送られ、今後はこちらを使うことになります。

滞納を行った場合には強制的に退会が行われるので、利用出来なくなってしまいます。これは金融機関が債務者に対して滞納を繰り返してしまったので、信用が出来ないと言う事で利用停止になるパターンであり、裁判などで今まで利用してきた金額の回収が行われることになります。

さらに個人信用情報センターに登録が行われることから、金融事故を引き起こした情報が他の金融機関にも伝えられ、仮に他社に新規でクレジットカードを申し込んだとしても、事故情報により審査には通過しません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ