EDCによる伝票の情報処理化とデータ通信によるメリット

EDCとは電子的売上伝票情報処理の事で、クレジットカード会社が紙状の書類ではなく電子情報として加盟店の売上伝票を回収し、利用者に対して代金決済を行う仕組みです。

加盟店にはクレジットカード会社の独自のシステムが導入されており、どのようなクレジットカードを利用したのかをアクワイアラーと呼ばれる加盟店と契約をしている会社へと送られます。そこから、クレジットカードを発行し、顧客から利用金額を回収するイシュアーへと伝えられ、加盟店はアクワイアラーを通して商品代金を手に入れることが出来るのです。

その為、顧客がクレジットカードを利用した場合には、加盟店側が取引情報をアクワイアラーに伝える義務があり、専用のネットワークを通じてその場で通信が行われます。

また、オーソリゼーションと呼ばれるクレジットカードの信用情報承認システムへのアクセスも行い、滞納など行っているクレジットカードの利用をブロックすることで、信用が出来る顧客だけを相手にすることが可能です。

現在では加盟店にCAT端末と呼ばれる信用照会端末が導入されており、加盟店側としても信用が出来るのかを判断しやすいシステムの導入が行われています。

決済にまつわるデータ通信は全てコンピュータ上で行われていることから、紙媒体による伝票の処理などが不要になりました。効率よく、そして作業の高速化などが行われるメリットがあるので、EDCは現代ではなくてはならない存在です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ