貸付真実法によるクレジットカード、消費者金融の金利表示

貸付真実法とは、クレジットカードや消費者金融を利用する際に、金融機関が融資に対して金利の表示や実質年利の計算方法などを明確に表示しなければならないと義務付けた法律です。

過払いなど融資に対する顧客とのトラブルを少なくするため、顧客が納得して理解した上で使えるようにと定められたものなので、クレジットカードでのキャッシングや消費者金融から借りる際の比較などが行いやすくなりました。この規則はレギュレーションZとも呼ばれています。

貸金業法改正以前では、金利の計算方法が金融機関によって異なっていたので単純に比較することが難しく、表示されている金利を信じて融資を受けた場合に、実際に計算する際の利息の出し方が異なっていたことから、表示されている金利よりも高くなってしまうなどのトラブルが発生していました。

このようなトラブルを回避するために貸金業法改正が行われ、クレジットカード会社、消費者金融では金利の計算方法が統一され、事前に顧客に対して金利を正確に伝えることが義務付けられました。

また、グレーゾーン金利の規制なども行われ、遅延損害金に応じて最大18%までを利息として認められていることから、クレジットカードのキャッシングや消費者金融を利用する場合には最大18%と表示されており、滞納などを行えば最大20%に設定される仕組みになります。

このように融資を行う際のルールを明確になっていると、顧客も理解した上で安心して利用することが可能になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ