非対面販売によるクレジットカードの決済方法

非対面販売とは、インターネットショッピングやカタログ通信販売、テレビ通信販売などで、店舗に赴いて店員と直接に顔を合わせることなく商品が買える販売方法です。

インターネットや電話で購入の申し込みを行うことが出来るので、わざわざ店舗に行かなくても商品を購入する事が可能であり、店舗にはない珍しい商品も簡単に探せて買えるというメリットがあります。

デメリットとしては支払い手段であり、実店舗で行われる現金による対面決済が行うことが出来ずに、電子マネーやクレジットカード、銀行振り込み、コンビニ振込みなどの決済システムを介して支払うことになります。

クレジットカードの対応も非対面決済と対面決済とでは性質自体が異なるものであり、対面決済ではクレジットカードを直接差し出すことで、支払いを行う事が可能になりますが、非対面決済ではクレジットカードの番号を入力するだけで支払いを行う事になります。

つまりインターネットショッピングを行う際には、クレジットカードに触れることなく登録している情報だけで購入する事が可能になるので、利用者からしてみれば本人が気づかないうちにクレジットカードの情報だけが抜き取られて不正利用が行われる恐れもあるのです。

インターネットの普及により非対面決済が珍しくもなくなりましたが、このようなトラブルが存在することも忘れてはならないものになり、利便性の向上によってメリットとデメリットが生まれています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ