メーリングと呼ばれるマーケティング手法とは

メーリングとは、あらかじめ登録されている顧客の住所やメールアドレスを元に、直接広告を送り込むマーケティング手法の事です。代表的なものとして、メールマガジンやダイレクトメールなどが挙げられます。

昨今ではインターネットの普及から、発送コストなどを抑えるためにダイレクトメールからメールマガジンへ切り替える業者なども増えており、ITサービスを売る会社であれば、利用者がパソコンや携帯電話などを利用していることが前提となっているので、インターネットによる広告戦略を中心に広告活動を行っています。

クレジットカード会社は、住んでいる地域や性別、年代、利用状況など顧客の情報を所有しており、これらの情報を元にリスト化したものをメーリングリストと言います。加盟店である物販の店舗などはこのリストを所有していないことから、カード会社に依頼して広告を発送してもらうサービスも展開されています。

加盟店側、カード会社側としても、購入率、クレジットカードの利用率アップに繋がるマーケティング戦略として、販売促進が期待できるのです。
加盟店側が行う作業はダイレクトメールを申し込んで内容を決めるだけであり、あとはカード会社が発送までを引き受けてくれます。

そのためリストにある・年齢や購入履歴といった詳細情報をもとにターゲットにしている顧客層に向けて多数一斉に、発送を行なってもらうことが可能で、加盟店側は効率の良いマーケティングを行なう事が出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ