貸し手と呼ばれるクレジットカード会社の役割

クレジットカード会社や消費者金融は貸し手と呼ばれる立場にあり、融資を受ける顧客の事を借り手と言います。金融企業以外にも友人に物を貸す場合や、レンタルサービスなどでも同様の言葉が使われています。

クレジットカードや消費者金融の場合には、顧客の信用を前提にお金を貸すサービスになるので審査が必要であり、収入状況などの資産力、返済日にきちんと返済を行う性格なのか、もし支払い不能に陥った場合に担保となる不動産などの財産を持っているのかなどが対象となります。

貸し手の立場としても借り手の不手際からリスクを負う可能性なども潜んでいるので、審査は慎重に行われなければなりません。その為、収入状況が著しく悪く、返済能力が無いと判断されれば審査に落ちてしまいますし、手違いで信用が出来ない人間を審査を通してしまった場合に問題が生じれば、貸し手の責任と言える状態になるのです。

クレジットカード、消費者金融のサービスを充実させるために、クレジットカードであれば加盟店を増やす行為やポイントなどの付加価値サービスを展開する事で利用してもらうきっかけを作ることになります。消費者金融の場合にはコンビニATMでの引き出しなどを可能にしており、利便性の向上に努めています。

金融機関の目的としても借り手を増やすことで稼働率を上げ、手数料による利益の回収になるので、利用者が多ければ多いほど利益を生み出しやすいです。利用者を囲い込むためには魅力的なサービスすることが競争を勝ち抜く秘訣です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ