CSによるクレジットカードサービスの向上

CSとは経営用語で顧客満足度と言う意味があります。これはサービス業において顧客をどれだけ満足させて長期的に利用してもらうのかが問われるもので、企業が成長を続けるためには自社製品、サービスに対する重要な要素として注目されているのです。

主にアンケートで顧客の意見を取り入れて利用者の拡大の為にサービスの改善などを行う事で、他企業への顧客の流失を防ぐとともに長年利用してもらうために様々な工夫が行われています。

クレジットカードビジネスでも同様の事が言えるものであり、クレジットカードは企業が多く参入し、長年利用してもらう事を前提に発行を行っているので、他企業には負けないサービス内容やコールセンターなどの設置で、手厚いサポート、従業員一人ひとりの顧客に対する意識などを改善しています。

その為、顧客の意見が反映しやすいようにメールや電話による意見受付を行っており、クレジットカードサービス以外にもサイトの利用やスマートフォンへの対応など、様々な視点からサービスの提供情報の改善などが行われて、利便性の向上へと繋がっているのです。

昨今では若い世代の利用者が増えたことにより、インターネットを使ったクレジットカードの操作が注目されるようになりました。例えば明細書であれば直接郵送を行わなくてもWEB明細を利用する事でいつでもどこでも確認を行う事が可能であり、リボルビング払いの利用後日の申し込みに対応したり、キャッシング機能が使えたりするなど、利便性の向上が行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ