GSM方式の携帯電話を使う事と海外での携帯電話事情

GSMとは携帯電話の通信方式の一つで、主にヨーロッパやアメリカなどを中心に利用されています。日本ではW-CDMA方式で利用されているので、日本に住んでいる以上はあまり使う事がありませんが、もし海外旅行や出張などで持っていく場合には対応した携帯電話が必要です。

日本で売られている携帯電話はW-CDMA方式とGSM方式の両方が採用されており、海外旅行や出張に持っていくことを想定して開発が行われています。その為、W-CDMA方式に対応していない地域に出かけたとしても自動で切り替わるので、日本にいるときと変わらない使い方が可能です。

海外で日本の携帯電話を利用すれば、一度日本の携帯電話会社にアクセスを行ってから通話を行うので、料金は割高になってしまいます。そこで現地で販売されているSIMカードを利用します。これは現地の携帯電話会社の契約で通信が行えるもので、短期滞在であればプリペイド方式のSIMカードを利用することになります。

クレジットカードで契約を結ぶ場合には現地のクレジットカードが必要になるのでハードルが高くなってしまいますが、気軽に使うにはプリペイド方式であらかじめ入金をしておけば利用できます。

また、対応しているのはSIMロックが解除されたモデルのみで、日本の携帯電話の大半ではロックがかけられています。例えばドコモの場合にはドコモのSIMカードしか使えないロックが施されているので、出国をする前にこのロックを解除しなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ