ビッグバンと呼ばれる金融改革で変わる日本での金融市場

ビッグバンとはもともとは宇宙の始まりに起こった爆発を指しますが、それに例えて、金融業界でのシステム大改革の事をビッグバンと呼んでいます。元々は1986年にロンドン証券取引所で実施された大改革の事であり、手数料の自由化、二重資格制、取引会員権の解放、金融市場に競争原理の導入により、規制撤廃と金融自由化を起こしました。

これによりロンドン株式市場は甦ることになります。
日本でも2001年に大改革が実施され、外国為替公認銀行制度の廃止、銀行業、保険業、証券業などの規制改革が行われたことで証券取引の自由化が行われました。

これにより取引の選択肢が増えたこととインターネットの普及にて株や外国為替が個人でも気軽に行えるようになり、間接的な取引から直接的な取引へと変貌を見せることになります。

このような大改革が必要だった背景としては、当時の日本ではちょうどバブル崩壊後で、金融市場での混乱を引きずっている時期でもありました。アメリカやヨーロッパでは順調に成長を見せており、日本でも大きな変化が必要だと判断が行われたので、1996年から金融制度改革が提唱されるようになったのです。

実際には日本でも海外の為替や預金などを所有することが可能であり、バブル崩壊後から一転して、様々な人が外国為替や海外証券などの取引を行うようになったことで、市場が活性化していきました。会社としても持ち株会社などが登場し、このような背景がM&Aにも影響を与えたのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ