レバレッジ効果による投資での膨大な利益とリスクとは

レバレッジ効果とは、少ない投資額で大きな利益を生み出す効果のことです。例えば少額で行った際に大きな利益を生むものだと判明すれば、さらに金額を増やして利益を更に拡大することが可能になるので、投資額を増やすために借入金などを投じるケースがあります。

理論上では投資額を増やせばそれに比例して利益が拡大することになりますが、投資した物がいつ暴落するのか分からないため、失敗に終わった場合には将来返済できなくなるリスクを高めてしまう場合もあります。

レバレッジは主に不動産取引から信用取引、FXなどの外国為替から商品先物取引などで利用されており、一般的には対象となる商品が大きな利益を狙って使われるもので、失敗した場合のリスクが大きくなるために、ハイリスク・ハイリターン型の投資手段となっています。

特に取引回数が多くなるFXなどや不動産取引で利用されており、FXでは少額から取引に参加することが出来るので、初心者などが低いレバレッジ効果を狙って利益を生み出すことを覚えていくことになります。これにより、どのように利益が生まれるのかを学ぶことが出来るわけです。

ハイリスク・ハイリターン型の投資スタイルになるので、短期間に資産を増やせる人は多く、借入金を利用してでも投資を行ったことで大きな利益を生める状態になりました。一方で、財産の全てを失い債務だけが残る場合なども少なくないので注意が必要になり、取引の先が読める能力などがなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ