過剰与信が発生する理由と多重債務者にならない為の総量規制

過剰与信とはクレジットカード会社や消費者金融会社などが顧客に対して過剰に与信枠を与えてしまう事です。与信枠はクレジットカードや消費者金融を申し込む際に初回審査の時点で収入状況や資産状況、過去の取引などの情報を元に、顧客の信用に対して独自のでいくら融資を行えるのかを調査します。

その結果として利用できる金額、与信枠が設定されることになります。
クレジットカードや消費者金融を利用し続けると、利用状況や返済状況などをモニタリングする途上審査が行なわれ、真面目に返済している場合には金融機関側が顧客を信用し、更に利用してもらう為に与信枠の拡大を行います。

つまり、収入が安定しないフリーターやパートタイマーで働いている人でも頻繁に利用することでクレジットカードや消費者金融で利用できる金額が多くなる事があります。しかし、これが過剰与信になってしまい、顧客が自分の返済能力を超える使い方をしてしまうケースが増え、多重債務者を生み出すという事実が浮上しました。

そのための措置として、多重債務者を生み出しやすい状況から貸金業法改正により与信枠は顧客の年収の3分の1までと総量規制が行なわれたことで、顧客が返済不能に陥る使い方を事前に防ぐことが出来ます。

総量規制は他の金融機関からの融資を受ける場合にも含まれており、複数のクレジットカードや消費者金融を利用している場合には1社あたりの与信枠が下がってしまうので、あまり使わないクレジットカードなどを解約など整理を行なうことで、1社あたりの与信枠を増やすことが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ