片端と呼ばれる金利の計算算出方法とは何か

片端とは、クレジットカードのキャッシングや消費者金融での金利の計算方法であり、融資を行った初日もしくは完済した日のどちらかを計算に入れて算出します。また、両端と呼ばれる、融資を行った初日から完済日の両方を入れる算出方法もあります。

このような算出方法が存在する理由としては、お金を借りた時間に問題があります。例えば日付が変わる手前の23時にお金を借してもらった場合にあと1時間待てば日付が変わることから、融資を受けたこの1時間の間を1日として算出を行うのかと言う問題が発生しました。

その為、クレジットカード会社や消費者金融ではお金を借りた時間帯によって計算方法を変えているのです。午前中に融資を行った場合には融資を行った日として1日を認めるので、両端による計算が行われ、午後に融資を行った場合には1日の半分が終わっていることから、計算は翌日から行う片端で計算を行う仕組みになっています。

このように使い分ける事で利用者の負担を軽減させるものであり、金融機関によって使い分けなどの対応が異なります。

特にインターネットの普及により、クレジットカードのキャッシング機能や消費者金融のサービスでは、24時間いつでも銀行口座に現金を振り込むキャッシングサービスが登場したことで、日付が変わる深夜時間帯に融資の申し込みが行えるようになりました。このようなサービスなども登場していることから、金利の計算手段なども2種類が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ