カタログ販売による遠い地域からの買い物客とは

カタログ販売とは通信販売の一種で、ダイレクトメールが送られてきたり、店頭に置いてあるカタログを見ながら電話やインターネット、付属のハガキやFAXシートで商品の注文を行ったりする購入方法です。

家にいながらカタログを見てショッピングを楽しむことができ、地方に住んでいる場合には現地で入手困難な商品が簡単に購入できるというメリットがあります。

非対面販売と呼ばれる販売方法で、店員と顔を合わせることなく、現金の支払いも直接手渡しをすることがないので、支払い方法はクレジットカードや銀行、コンビニ振込み、商品到着時に配達員に支払う代金引換払いなどがメジャーな支払い方法となっています。

インターネットでのオンライン販売やテレビ番組での通信販売など、別メディアでの販売手段も登場しています。インターネットの場合だとパソコンなどのITスキルが必要であり、テレビ番組も深夜帯の番組枠として時間が限られているので、通信販売の中で最もシンプルで誰でも購入しやすいものがカタログ販売だと言えます。

遠い地域に住んでいる顧客のニーズに応えるために、大手百貨店や小売店などがサービスを開始たのが始まりであり、コンビニやスーパーなどの店舗でカタログの配布が行われているので、比較的に入手しやすいです。

これにより地方に住んでいる人などが大手百貨店や小売店などが販売している商品を手軽に購入する事ができ、過疎地域では非常に便利な商品購入手段となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ