割賦による商品購入とクレジットカードの支払い方法

割賦とは、商品代金を分割で支払う方法の事です。クレジットやローンなども同様に分割での支払い方法になりますが、大きな違いがあります。クレジットやローンでは金融機関が店舗と購入者の間を仲介する形で入るので、商品代金は金融機関が店舗に全額を一括で支払い、債権は金融機関に移行されます。

購入者は金融機関に対して支払いを行うのです。
一方の割賦では、店舗自らが購入者に対して商品代金を負担して、後から分割で請求を行います。

金融機関が仲介してこないので、手数料などの調整も店舗側が自由に行えるメリットがありますが、滞納などを行った場合には店舗側の規模によっては債権回収が行えない場合などもあるのです。

また、携帯電話を購入する際には、携帯電話会社自体が割賦販売を行うので、機種代金の分割払いは携帯電話の利用料金と一緒に請求することができて、分割手数料も発生させないことから、利用者に対して買ってもらいやすい状況を作りました。

商品代金の支払い以外でも、税金などの納税の際に分割で支払う場合やクレジットカードの支払いにでも適用されるものがあります。クレジットカードの場合には、リボ払い、分割払い、ボーナス払いなどがあります。

特に後からリボ払いの設定も行えるので、支払いが厳しい月には一部の金額を翌月に回すことで、該当する月の支払額を減額させることが可能です。このように支払い方法を使い分けることで、利用者は返済ペースを調整することができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ