割賦購入斡旋による高額商品の購入と契約

割賦購入斡旋とは、商品の購入やサービスを受ける場合に店舗側と顧客の間に介入して割賦販売の取り扱いを代行することです。

クレジットカードを使用する総合割賦購入斡旋から、自動車などの高額商品を買う際に個別に申し込みを行うことでクレジットカードを使用しない個品割賦購入斡旋の2種類があり、ショッピングクレジットとも呼ばれています。これにより分割購入が可能になり、消費者は気軽に高額商品を買うことができるようになりました。

主に信販会社によってサービスが行われており、高額商品の購入を消費者の代わりに一括で支払いを行います。消費者はこの代金を2ヶ月以上3回以上に渡って支払いを行わなければなりません。これはクレジットカード同様の信用取引であり、申し込みの際にきちんと返済が行えるのかどうかの能力審査が行われます。

もし審査に落ちてしまう場合には高額商品の購入が行えないため、信用問題が重要になるのです。契約には2者間契約と3者間契約があります。2者間契約では消費者と販売会社の2社だけで契約を行うことで、販売会社が商品代金を立て替えて後からクレジットにより請求を行います。

一方の3者間契約では、消費者と販売会社とは別に信販会社が介入してくるので、信販会社が商品代金の立て替えを行うことで販売会社に一括で支払を行い、消費者から代金を回収する構図になります。その為、販売先により申し込み先が異なる場合などがあり、手数料などにも大きく影響があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ