割賦手数料が発生する割賦販売とクレジット、ローンの違い

割賦販売とは分割で商品を購入することであり、店舗や企業が商品代金を立て替えて毎月一定金額を返済していく仕組みです。一方のクレジットやローンでは第三者機関であるクレジット会社、ローン会社が仲介し、店舗や企業に対しては立て替えた商品代金を支払うことで、債権を所有しています。

あくまでも商品代金を貸し付けした立場であるので、分割購入を行った際には債権者であるクレジット会社やローン会社に支払うことになります。その場合、利息は利息制限法に基づいて決められるので、法律上で決められた上限までしか設定できないわけです。

割賦手数料とは、割賦販売で品物を購入した際に発生する手数料のことです。割賦販売とクレジットやローンは、手数料において大きく異なります。

クレジットやローンでは店舗と顧客の間に第三者であるクレジット会社やローン会社が仲介して代金を貸し付けているのに対して、割賦販売では店舗が商品代金を立て替えているので、利息制限法や出資法を受けずに、手数料の設定が可能になります。

顧客の代金を立て替えることが出来ない小売店などでは、割賦販売が行われていないことが多いです。

割賦販売は携帯電話の販売店や住宅販売店などの規模の大きな企業が行っており、第三者機関を交えることなく自社の規則で設定された利息や手数料で立て替えることが可能な一面が特徴と言えます。購入した商品が担保になるので、商品価値が元金以下になった場合には立て替えた企業がリスクを背負うことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ