割賦販売法による悪質業者から消費者を守ること

割賦販売法とは、商品を購入する際に適用される、割賦販売に関する法律のことです。販売会社や信販会社が消費者の代わりに商品代金を立て替えてる割賦販売に適用する法律で、クレジットカードでの分割購入なども該当します。

このようなクレジット販売には悪徳業者も存在しており、訪問販売にて購入する気もない高額商品やリフォームなどの話を持ち出してきて分割購入させる事例が多発していました。

断れなかった消費者がクレジット契約を強制的に結ばされることで高額商品を分割で支払ってしまう事態を防止するために、信販会社がこの契約をストップさせて業者との契約を解除できる法律になります。

既に支払った金額についても返還する義務があり、信販会社も顧客の情報を調査することで、返済能力を超える高額商品の購入などを発見した場合には与信契約を解除する事が義務づけられています。これにより、悪質な訪問販売や勧誘による高額商品の売りつけから消費者を守るとともに、悪徳業者の撲滅にも繋がります。

クレジットカードに関する取り決めも行われており、カード番号の不正提供や不正取得を行った者には罰則が行われ、クレジットカードを利用した分割購入やクレジット販売での高額商品の取引などでも、悪質業者にだまされていないか監視されることになります。

このようにして信用取引を安全に行うためのルールが法律上で決められており、クレジットカードの不正利用などから守ってくれるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ