クレジットカード稼働率を得る為の申込者に対する特典

クレジットカードの稼働率とは、発行を受けた総会員数においての、実際のクレジットカード利用者の割合のことです。会員の中には、クレジットカードを所有していながらも利用することが無いケースなども珍しくありません。

クレジットカードが利用された際に発生する手数料を収益としているので、稼働率が高ければ発行会社への収益も高くなる仕組みになります。

また、使用しない会員に対しても管理コストや再発行コストなどが発生しているので、有効期限内に使用しなかった場合には会員の解約を行うことなどが規約に記載されており、全く使用しないクレジットカードを所有している場合には一方的に解約が行われることがあります。ただし、年会費有料の場合には一方的な解約がありません。

特にクレジットカード業界では顧客の取り合いを行っており、新規申込者に対してキャンペーンと称してポイントの付与や、キャッシュバックなどのサービスを行う事で顧客を増やしている実態があります。

顧客の中には新規申込者の特典目当てで申し込むケースもあり、特典さえ得られれば利用することなく寝かしっぱなしの状態になり、本来の目的である稼働率アップには結びつける結果が出せません。

そのため、付与される特典は、新規入会を行ってクレジットカード使用を条件に付与されるものが多くなっています。これにより、特典目当ての顧客であっても条件を果たすために利用してもらうことで、加盟店からの手数料の収益を確保することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ