会社を不当解雇された場合に会社の判断を仮処分にすること

仮処分とは、権利の実現を保全するために、裁判所が暫定的な判断を行う処置のことで、例えば労働者が不当解雇された場合には、地位保全と賃金の仮払いのために仮処分の決定を求めてくる場合があります。

ここでは地位や賃金を受け取る権利を守るもので、労働者が債権者となって裁判所に申し立てれば、会社の決定を仮の状態にすることが可能です。債権者はこの起訴に対して証拠となる書類の提出などが求められ、会社の解雇が不当なものだったのかを裁判所が判断することになります。

裁判の結果が確定するまでには1年ぐらいの月日が流れるものであり、債権者の不当解雇の判断が行われた場合には復職を求められるので、賃金に関しては仮処分となり、裁判中の不当解雇の状態でも給与を支払う申し立てを行うことが出来ます。これにより裁判中でも給与の受取りが可能です。

不当解雇と判断されれば給与はもらって当たり前の状況になるので、返済する義務はありません。一方、労働者の解雇が妥当だったと判断が下ってしまえば、給与を受け取ることは認められないので、返済する義務が発生します。

このように金銭とは関係のない裁判で仮の状態を争う際に使われており、クレジットカード業界でも金銭とは関わりのない不当解約や信用問題などが該当します。これにより裁判所の正当な判断に委ねられるものであり、裁判に負けた場合にでも更に起訴することで泥沼化した裁判が長期的に続くことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ