借り手になるクレジットカードの顧客への与信枠設定とは

クレジットカード、消費者金融では利用者の事を借り手と呼んでおり、これは金銭を借りる立場です。金融関係以外でも友人からお金や物を借りたり、レンタルサービスを利用したりする場合などにも該当します。金融機関では債務者となり、クレジットカード会社、消費者金融などの貸し手とは債権者としての関係です。

そのため、クレジットカードや消費者金融を利用して融資を受けた場合には債務を所有することになり、借り手はあらかじめ決められた返済日に支払いを行わなければなりません。借り手になるには審査が行われ、お金を借りる場合には利用者の信用問題が重視されます。

例えば、どのくらいの収入があるのか、きちんと返済できる人間なのか、担保となる不動産などを所有しているのかが対象になり、収入状況や人間性などを重視して与信枠と呼ばれる貸出に可能な金額が設定されます。

これにより、中小企業に勤めている人と大企業に勤めている人とでは与信枠の設定金額が異なるものであり、収入状況、今後の出世の見込み等の今後の期待から、今後の収入状況を考えると長期的に大きな金額を与信枠として設定しても返済をしてくれるだろう、という判断が行われるのです。

このような基準で取り決めが行われています。フリーターなどは収入が不安定で、将来的な返済能力の判断が区別しにくいので、与信枠が下限に設定される可能性も高く、支払いが少しでも遅れるようなことがあればカードが剥奪される可能性もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ