クレジットカードの利用で発生する借り手責任

クレジットカードや消費者金融を利用する顧客がトラブルを引き起こした際には、借り手責任が発生します。融資を受ける場合には、金銭消費賃借契約の合意の下で金融機関からお金を借りる事になりますが、中には規約違反を行う顧客もいます。

この規約外の行動でトラブルが生じた場合には顧客側に責任があると判断され、契約の打ち切りや損害が発生すれば損害金の請求などが行われます。このようなトラブルを避けるためにも、契約内容について責任をもって遵守しなければなりません。

トラブルの一例として問題視されているのは、クレジットカードの現金化です。これはショッピングに設定された与信枠を現金にするというもので、主にキャッシング枠の設定で断られるような低所得者などが、現金を調達する手段として利用しています。

現金化商品と呼ばれる現金にしやすい商品があり、例えばパソコンをクレジットカードで購入し、インターネットオークションや質屋に入れることによって、購入時の金額とほぼ同等の価格で売れてしまうのです。顧客側には現金がそのまま手に入る仕組みになりますが、クレジットカードの利用規約違反になるので利用停止などの処置が行なわれます。

また、町の消費者金融などではクレジットカードの現金化などが行われており、これは架空の商品を10万円で購入したことで決済を行い、その場で8万円、9万円を顧客に渡すという手法です。

残金は町の消費者金融が手数料として得るので、下手したらキャッシング金利よりも高い手数料が発生する状態になり、このようなトラブルに遭遇した場合には自己責任で負うことになるので、注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ