仮登記担保による融資と無担保型融資の金利の違い

仮登記担保とは、債務者が支払いに対して不履行を行った場合に、債権者があらかじめ設定しておいた代物弁済の予約を行って、担保としていた不動産、動産の所有権を移動させることです。

代物弁済の予約契約を行う際に権利について仮登記、仮登録を行えば、簡単に私的実行の方法で移行させることが可能です。つまり、債務者の不履行が見られるようであれば、裁判所などの第三者機関を通さずに債権者の判断で物件を獲得することが可能で、この物件を売買する金銭によって債権を回収することができます。

基本的には担保型ローンサービスや企業同士の取引などに利用されています。クレジットカードや消費者金融では無担保型融資と呼ばれるものになるので、担保の設定を行わないメリットがありますが、担保型ローンサービスと比較しても金利が高めに設定されています。

これはもし返済不能に陥った際に、金融機関が貸し倒れの危険性があることから、リスクを事前に回避するために金利が高めに設定されているのです。
ローンサービスの場合には金利が低く設定されていますが、返済不能に陥った際にはあらかじめ設定しておいた代物弁済の予約により、物権による債権回収が行われます。

そのため、返済不能に陥った際のリスクが異なることで、大きな財産を所有しない利用者はクレジットカードや消費者金融で高い金利を支払わなければならず、このような仕組みから一般的には個人での担保型ローンサービスはあまり使われる傾向にはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ