換金性商品を使う事でクレジットカードの現金化を行うこととは

換金性商品とは現金化を行いやすい品物のことであり、主にクレジットカードのショッピング枠を使って現金を入手する際に利用されます。例えば急にお金が必要になった場合には、最新のパソコンをクレジットカードで購入し、インターネットオークションや質屋、リサイクルショップですぐに売ってしまえばお金を入手することが可能です。

そのため、購入時の金額と売った際の金額が近ければ損をすることが無いので、差額があまり発生しない物が換金性商品と呼ばれているのです。パソコンをはじめ、ゲーム機や金券チケット、バッグや時計などの商品が該当し、売った際にはきちんと価格の評価を行ってもらえるので、現金化を行いたい場合にはよく利用されることになります。

クレジットカードにもキャッシング枠が設定されていますが、キャッシング枠が利用できない人が現金化を行っている現状があります。キャッシング枠は審査を行う事で設定されるので、ショッピング枠よりも厳しい条件をクリアした利用者に与えられます。

このような背景から、ショッピング枠だけが搭載されたクレジットカードを所有している人が多く、現金化業者の中にもショッピング枠を現金化する目的で店舗を構えているケースがあります。

クレジットカードの現金化は認められていないものであり、発見され次第、利用停止などの処置が行われます。理由としては本来のクレジットカードの使い方ではなく、金銭が引き出せるキャッシング枠の利用が認められていない利用者が、一時的に金銭が必要な場合に利用しているので、規約違反に該当するからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ