リボルビングシステムによる返済方法と危険性

リボルビングシステムとは、クレジットカードや消費者金融での返済方法の一つで、利用金額に関わらずミニマムペイメントと呼ばれる一定金額だけを支払う返済方法です。例えばミニマムペイメントを1万円に設定している場合には、2万円の支払い額があれば今月は1万円だけを支払い、残りの1万円は翌月に請求される仕組みになります。

このように翌月にスライドする仕組みで、ミニマムペイメントに設定した1万円を超える利用金額になった場合にはまたスライドを行うので、利用すれば利用するほど返済期間が長引きます。

今や、クレジットカードや消費者金融での返済方法の定番にもなっています。返済月に支払いが苦しい場合に、リボルビング払いを申し込むことで返済月での支払額が軽減されるメリットがありますが、デメリットとしては多重債務者を生む元凶になっている一面がある事です。

繰り返してリボルビング払いを行えば毎月の返済額が一定になるので、利用者自身が借金をしている意識が薄れてしまい、新たなる借金を生み出してしまいます。これによりスライドしていく残金が膨大化すると同時に利息も大きくなるので、気付けば多重債務者になっていたという実例もあります。

特に毎月の支払額が少なくなるという特徴がこのような事態を引き起こしているのであり、利用者自身も実際の債務を把握しづらい危険性があるのです。
このような事態を防ぐためには、まず計画的に利用する事であり、毎回リボルビング払いを行わないことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ