元本逓減の状態を保つことの大切さとは何か

元本逓減とは、分割購入で返済中の残金が返済を進めるにつれて減少していく現象です。通常のクレジットカードや消費者金融を利用している場合には当たり前ですが、状況によっては借金を借金で返済することや部分返済などにより、借金を支払っていても逆に借金が増えてしまう状況があります。

これはネガティブアモチゼーションと呼ばれる現象であり、この状態に陥らないことが重要なのです。自分の返済能力を超える債務を持っていると、支払日にはどうしても金銭の捻出が難しくなるため、他社からの借金をしてそれを支払いに充てることを行ってしまうことがあります。

このような自転車操業を行ってしまうと、利息だけが巨大に膨れあがり、支払いを行ったとしても借金が消えることがありません。

毎月の支払いに負われてしまうので、多重債務者が生まれるきっかけとされています。このような状態を解消するために、消費者金融や銀行が行っているおまとめローンサービスを利用すれば、複数の金融機関から借りている債務を一本にまとめ、返済できる金額で長期な返済が可能です。

これにより以前よりも支払いが行いやすくなり、ネガティブアモチゼーションの状態を解消してくれる仕組みになります。

このような事態を避けるためにも元本逓減の状態を保つことが重要であり、クレジットカードのリボルビング払いなども借金を増やすだけの行為に過ぎないので、これを繰り返してしまうと完済までの道が遠くなるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ