管理照会を行うことでクレジットカード会社の顧客信用を確認する

クレジットカード会社では顧客情報を管理しており、問題のある顧客に対しては管理照会が行われています。これはオーソリゼーションと呼ばれる、加盟店で顧客がクレジットカードを利用した際に承認するシステムで、例えば使用できないクレジットカードが提示された場合に、利用できるのかどうかを確認しなければなりません。

そのため、顧客を特定する番号を使って、クレジットカード会社のデータベースでチェックを行なうことで、承認してもらう必要があるわけです。
利用できないクレジットカードの例としては、紛失や盗難で利用停止にしているクレジットカードや、支払いの滞納によって利用停止を受けたものなどです。

何かしらのトラブルが発生したクレジットカードは、無効通知リストと呼ばれるデータベースへの登録が行われます。これにより、加盟店側のコンピュータがオーソリゼーションを行った際に無効通知リストで管理照会を行うことで、使うことが出来るのか出来ないのかを判断します。

また、新規での申し込みの際にも顧客が信用できるのかを判断するために、申込用紙に記入されている内容を個人信用情報機関で照会する場合があります。他の金融機関で支払いの滞納や自己破産などを行っていれば、データベースに残されていることになるはずです。

もし残っていた場合には信用が出来ないと判断することが出来るので、リスクのある顧客の申し込みを拒否することが可能になります。このようにして、信用が出来る顧客だけと信用取引を行うことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ