元利均等による返済の利息計算方法の特徴とは

元利均等とはローンの返済方法の一つで、毎月返済額の元金と利息の合計が、開始から終了まで均等になる利息の計算方法です。つまり、毎月の返済額が同じになるので、返済する債務者にとっても月々の支払額を把握することが簡単になり、無理のない返済を行えることが特徴です。

しかし、利息の割合が高いことから元金が減りにくいデメリット面も持っています。そのため、完済までの期間が長くなってしまえば利息の総額も大きくふくらむことになり、最終的には返済開始から終了までの期間に支払う総額が、元金均等と比較すると増えてしまうのです。

それに対して元金均等の場合には、元金を均等に分けた額に対して利息を計算するので、開始時は返済額が多くなってしまう特徴がありますが、元金が減ることに対して利息も減少していくので、終わりにかけては支払額が減っていきます。

利息も大きく減少していくために、最終支払いのトータルとしては安くなり、元利均等とは真逆の性質があることになります。

主に住宅ローンやフリーローン、クレジットカードのリボルビング払いで採用されている支払い方法であり、消費者金融やクレジットカード会社、銀行のローンサービスと支払い方法自体が会社によって異なるので、会社によってどちらが採用されているのかで支払う金額が変わります。

そのため、申し込みの段階でどのような支払い方法になっているのかを把握しておくことが融資を受ける金融機関の選び方になり、多くの金融機関では元利均等による支払いが採用されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ