期日を守ることでクレジットカードの信用を保つ

クレジットカードにおける期日とは支払日を指し、申し込みの段階で利用締め日と期日が決められているので、利用締め日までに利用した金額を期日までに支払う義務があります。もしこれに間に合わせることなく支払日が過ぎてしまった場合には、催促状が送られてくることになってしまい、信用を失います。

そのため、支払日をきちんと守って計画的に利用することが理想的な使い方です。
クレジットカード会社によっては、1度だけなら利用者がただ忘れていただけだと判断するケースもあれば、すぐさま利用停止を行って、個人信用情報機関に登録することで、他社のクレジットカードや消費者金融での利用停止にまで発展するケースなどもあるので、注意が必要です。

また、最悪の場合としては、裁判所に調停の申し立てが行われてしまい、返済スケジュールが組み出されたり、裁判所経由で強制差し押さえが行われたりすることも考慮しなければいけません。

このような事態なども想定されるので、クレジットカードの支払日は重要なものです。クレジットカードを使いすぎて支払日までに金額が用意できない場合には、あとからリボルビング払いへの申し込みや電話で相談を行い、支払額の減額や支払日を延長してもらうなどの対処をしなければなりません。

若干の信用を失うことにはなりますが、滞納している状況よりもクレジットカード会社には返済する意思があると評価されるので、困った場合にはまず連絡を行うことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ