偽造カードを用いたクレジットカードの被害とは

偽造カードとは、他人のクレジットカード内に記録されている情報を元に作られた、クレジットカードのコピーのことです。これを本人ではない第三者が本人になりすまして利用することで、買い物を行うことが出来ます。

主に高価な商品を転売目的で購入して現金化を行う事を目的としており、利用金額に関してはクレジットカードの所有者に請求されることになります。

多くのクレジットカード会社では、付帯保険としてショッピングガードが搭載されており、身に覚えのない買い物の代金に関しては、あらかじめ定められた補償金額内であれば返金が行われます。

そのため、毎月の請求書の確認を行い、身に覚えがない買い物などがあれば、クレジットカード会社にすぐに連絡を行う事が重要です。
昨今では偽造カード対策としてICチップが搭載されており、以前の磁気ストライプよりもスキミングによる情報を盗み込むことが容易ではなくなりました。

磁気ストライプと比較しても、ICチップに保存される情報は数百倍から数千倍と言われており、個人を特定するクレジット番号も、コンピュータが一定のアルゴリズムで計算した数字で何重にも処理が行われているので、その計算の規則を見つけない限りは偽造することが出来ません。

これによりセキュリティ面では向上した一方で、磁気ストライプのセキュリティは向上しておらず、現在ではICチップを読み込む端末が全ての店舗に普及していないことから、磁気ストライプを用いた決済方法では被害に遭遇する場合があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ