偽造カード対策に必要な知識と使い方について

クレジットカードを利用する際には、偽造カード対策を行わないといけません。クレジットカード会社では磁気ストライプに代わるICチップの導入で、以前のように悪意のある第三者によってスキミングされ、偽造カードを作成されることに対する対策が行われており、通常利用の範囲であれば、スキミングによる被害を受けることがありません。

ICチップが導入されていても磁気ストライプが搭載されている現状が問題になっており、これは利用店舗にICチップを読み込む機器が無い場合には、ICチップを読み込むことが出来ないので、磁気ストライプも搭載したことで利用が可能です。

いくらICチップでセキュリティを高めていたとしても、磁気ストライプによるスキミング被害だけは避けることが出来ないので、安全に使う場合には信用できる店舗でのみ使うなどの心がけが必要です。日本の多くの加盟店では、ICチップリーダーの導入により、磁気ストライプによる決済を行う事がありません。

しかし、キャバレーなどの風俗店舗や海外の加盟店で利用する際には、磁気ストライプを使ったスキミング被害に遭い、偽造カードの作成が行われる可能性があります。そのため、このような怪しいと感じる加盟店では利用しないことが重要です。

ICチップは磁気ストライプの数百倍、数千倍の記憶容量を持ち、計算処理を行う能力があることから、顧客番号などを数万回と複雑な計算をコンピュータのアルゴリズムによって行われ作られているので、番号だけを抜き取ったとしても簡単に偽造カードを作ることが出来ません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ