キャッシュアウトと呼ばれるレジから現金を引き出すサービスとは

キャッシュアウトとは、デビットカードを利用して小売店のレジから現金を引き出すサービスのことです。つまり、レジをATM代わりとして現金を引き出すことが可能になるので、わざわざATMに赴かなくても現金を下ろすことが出来るわけです。また、手数料が発生しない点もATMよりも分があるポイントであり、便利な機能として使われています。

しかし、これはアメリカでの話であり、日本ではこのようなサービスが行われていません。日本でも当然ながらデビットカードがありますが、クレジットカードのように買い物を行う際にデビットカードを出すことで、銀行口座から商品代金を直接決済させる仕組みとして利用されています。

これにより、電気店でパソコンやテレビなど高額商品を購入する場合には、わざわざATMに赴かなくても、商品代金分をデビットカードから購入することが出来ます。日本でのデビットサービスの多くは、銀行が発行するキャッシュカードに機能が搭載されており、商品を購入するためにお金を下ろしに行かなくてもいいメリットがあるのです。

日本ではサービスの導入が遅れており、そもそもデビットでの決済システムが普及していないという背景があったからです。日本デビットカード推進機構では検討が行われていますが、一向に進んでいないのが現状です。

海外では既にサービスが開始されていることから、海外旅行や海外出張などの際には、レジから現金を取り出せるキャッシュアウトを利用することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ