キャッシュカードの使い道とクレジットカードとの一体型

キャッシュカードとは銀行口座を開設した際に発行されるもので、開設者はATMやキャッシュディスペンサーにカードを挿入すれば、自分の銀行口座へのアクセスが可能になり、そこから現金の振り込みや引き出しなどを行います。

通常の銀行では他に通帳も発行されるので、ATM操作を通帳だけで行えますが、実店舗が存在しないインターネットバンクなどではコンビニATMを中心に利用することから、通帳が発行されずにキャッシュカードだけで操作を行うことになります。

日本の銀行が発行するモデルの大半にはデビットの機能が搭載されており、対応加盟店で買い物を行う際に利用できます。支払金額は銀行口座の残高から即座に金額分が引き落とされる仕組みになるので、クレジットカードのような審査などが存在せず、預金残高の範囲であれば利用可能なので、自分の経済能力を超える使い方を行うことが出来ません。

銀行がクレジットカードを発行していることから、クレジットカードとキャッシュカードの一体型も存在しており、1枚で複数の役割を果たすことが可能です。メリットとして、銀行のサービスで特典が受けられることがあります。

ATMを操作する際に発生する手数料を無料するなどのサービスが行われており、ATM操作が多い利用者からしてみれば大きな利点と言えるものです。また、一体型によりICチップ内のセキュリティなどにバイオセンサーが導入されていることから、第三者が拾得したとしても不正利用を防いでくれるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ