キャッシュレスによる現金を使わない決済手段とは

キャッシュレスとは現金を使わずに支払いを行うことであり、小切手や口座振替、クレジットカード、デビットカード、電子マネーを使った決済方法です。

実店舗であれば現金で支払いを行うことが出来ますが、インターネットでのオンラインショッピングや通信販売では、電子商取引によって顔を合わさない相手と取引を行うので、直接的な現金の受け渡しが出来ません。そのために、クレジットカードや口座振替、コンビニ払いなど通して決済を行います。

第三者を介すことで手数料が発生しますが、現金を使わなくてもその取引を行えるので、コンビニエンスストアなどでも電子マネーやクレジットカードへの対応が行われています。これによりおサイフケータイなど新たなる決済手段が導入されており、加盟店数も徐々に増えてきています。

特に交通系電子マネーはIC乗車券とも呼ばれており、現金を使わずにあらかじめ入金していた金額内で電車やバス、タクシーといった公共交通機関を利用することが可能になりました。電車やバスの定期券なども搭載できることから、通勤客や通学客を中心にユーザーが拡大しており、最も身近なキャッシュレスシステムとして親しまれています。

クレジットカードも同様に、利用者数を伸ばすためにさまざまなサービスを展開しています。利便性の向上のために利用出来る加盟店がコンビニエンスストアを中心に拡大されており、スーパーやショッピングモールでも複数の電子マネーへの対応が行なわれ、キャッシュレスで買い物が出来る機会が増えています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ