教育ローンによる融資と奨学金の違いとは何か

教育ローンとは、入学金や授業料など教育関連の支出や、学生のアパート家賃や住居費等のために融資を行うローン商品です。主に銀行や信用金庫などが提供しているサービスで、自由に使えるフリーローンとは異なり、使い道が限定されているので、金利が低く設定されているのが特徴です。

義務教育の小学生、中学生を抱える保護者や、自分で返済を行う大学生や専門学校生などが、主な申込者となります。学生自らが返済を行う場合には、卒業までには支払いは発生せずに融資だけを受け、返済が開始されるのは卒業後に社会人になって収入を得る身分になってからでよい、という処置が行われています。

大学生や専門学校生は、教育目的以外での融資商品に申し込むことが出来ません。学校の周りでサービスを行っている町の消費者金融で、学生ローンなどのフリーローン商品を申し込んだり、学生向けのクレジットカードを利用したりすることになります。

教育ローンはあくまでも学費や住居費など、教育にまつわるものでしか利用することが出来ないことになっているので、注意が必要です。
教育ローン以外では、奨学金制度が学生向けサービスとして実施されています。

しかし近年では、意図的に滞納を行う学生がいたなどの事例が発生したことにより、2009年以降は、滞納を行った場合には個人信用情報機関へと登録が行われることから、クレジットカードや消費者金融を利用しにくい状況になってしまいました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ