銀行自動引落し制度による決済の利便性とは

銀行自動引落し制度とは、クレジットカードや毎月の公共料金、国民年金保険料や税金などの支払いを請求予定日に自動で引き落とす決済手段です。申し込む際には、各サービスの申込用紙に支払う銀行口座と銀行印を押した書類を提出するだけで、支払期日になれば利用金額が自動で引き落とされ、支払いが行なわれます。

利用者側としては給料を受け取る銀行口座を指定していれば、わざわざ支払いに出かけなくてもよいというメリットがあるのです。
サービス提供会社によっては、銀行自動引落し制度以外にも、銀行振り込みやコンビニ払い、ペイジーなどの決済手段なども導入しています。

利用者の決済手段に幅広く対応を行っていますが、クレジットカードの決済だけに関しては銀行自動引落し制度を利用したものが多く、稀にコンビニ払いに対応している会社があるぐらいです。

そのため、クレジットカードは基本的には口座を使った自動引落としであり、あらかじめ決められている支払日に必要な残高を残しておく必要があります。もし、残金不足により決済が行えなかった場合には、新たに設定された支払日までに入金をしなければなりません。

それでも入金しない場合には督促状が送られてくることになり、最終的には裁判沙汰になる可能性もあるので、指定する銀行口座をよく使うメインバンクとすることで、支払い忘れがないように注意することが重要です。これにより、問題を発生させずに済みます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ