銀行振り込みによる支払方法とその他の決済方法との違い

銀行振り込みとは、ATMやキャッシュディスペンサー、オンラインバンキングを利用して決済を行う手法で、支払先の企業が専用に開設している口座に送金を行なうことです。
インターネット通販を始めとする通信販売や、インターネットオークションなどの決済方法として利用されています。

同じ銀行間での取引の場合には、振込手数料を低く抑えることが可能で、お互いに別々の銀行口座での取引の場合には多くの手数料が発生してしまう事から、オンラインショップなどでは利用者が多い都市銀行やインターネット銀行の口座を用意しておくことで、利用者の負担を軽減させる対策が行われています。

しかし、インターネット上での取引の多くはクレジットカードを利用した決済が中心となっており、クレジットカードの場合にはクレジット番号や有効期限、氏名を入力するだけで決済を行える手軽さがあるので、銀行振込は安全に取引が行えるメリットだけであり、入金する操作の手間や手数料の存在などのデメリットがあることから、利用者が少ない現状があります。

また、専用の電子マネーや、コンビニ払い、プリペイドカードなどの決済にも対応が行われていることから、安全に決済が行える手段なども多種多様に登場しています。

インターネット通信販売やインターネットオークション等では導入しやすい決済サービスで、銀行口座さえ所有していればそこに入金をしてもらうだけなので、個人が副業で開設している通信販売やインターネットオークションで導入が行なわれています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ