均等払いによる支払い方法とリボルビング払い

均等払いは主に2種類に分けられます。元金均等払いでは、毎月の支払額に割り振られる元金が平等に割り振られているのに対して、元利均等払いの場合では、最初の月には元金が大きいのでそれに対する利息も加えて支払いが行われます。

毎月の支払いを続けていくうちに、元金が減っていくことに比例して利息も減額していくので、長期的に支払いを続けていくことで経済的負担を軽減させることが可能なのです。この返済方法はクレジットカード会社や消費者金融で使い分けが行われており、長期的に返済を行う上でどちらかの方式による返済が行われます。

特にリボルビング払いを行う場合にもこの方式での返済が行われており、借金の状況が把握しづらいことから、多重債務に陥る可能性が問題視されています。

このような危険性などが重視されることから、長期的にリボルビング払いを行ってしまうと月々の返済額が一定になり、あらかじめ決められていたミニマムペイメントと呼ばれる金額だけの支払いだけで済んでしまうので、残金が翌月へとスライドしていくわけです。

これにより、リボルビング払いを使えば使うほどに完済できる期限が延長されていきます。返済をしても完済までの道のりが見えないことから、債務者に対して多重債務状態を生んでしまうことになり、金融機関に大きな利益をもたらすだけの結果を作り出しました。このような事態を避けるためにも、リボルビング払いを長期的に利用しないことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ