金利収入と呼ばれるクレジットカード会社の収入源

金利収入とは、金融取引の際に発生する金利を収入としているものです。個人では外国為替の取引などで発生する差額が金利に該当し、これを収入としてFX取引を行っています。

これは日本の通貨の価値と外国の通貨の価値が変動することを利用した収入方法であり、例えば、1ドルを100円で交換した際に、金利変動により1ドルの価値が120円になった場合にまた交換すると、120円を手に入れることが可能であり、20円分の差額が金利になります。

大きいお金が動けば動くほど収益も巨大化するので、投資家などは外国為替の取引を行うことで利益を生んでいるのです。

クレジットカード業界ではクレジットカード会社の収益の一つとして利用されており、3回以上の分割購入でキャッシングが利用された際には、融資した元金以外に利息が発生します。この利息こそが収入源であり、長期的に大きな金額を融資した場合には利息の大きさも巨大化します。

また、クレジットカード会社では顧客が利用した加盟店から、支払い代金に対する手数料の回収も行っています。1回の取引手数料は小さいものですが、これが全国、全世界規模での回収が行われるので、大きな収益を生んでいるのです。

同様に消費者金融や銀行のローンサービスなどの収入源としても利用されています。これにより一括払いや2回払いで利息が発生しない取引を行っていたとしても、クレジットカード会社には十分な手数料が回収できることから、損をすることがありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ