クイックローンサービスと消費者金融の違いとは

クイックローンとは、銀行が行っているフリーローンサービスの一種です。通常のフリーローンと比較してもスピード審査による当日融資が可能であり、一定金額の融資であれば所得証明が必要がなく、無担保で金利が低く設定されているのが特徴です。

そのため、銀行によっては通常のフリーローンサービスの代わりに採用する店舗なども存在しており、消費者金融のような条件で利用できることが魅力的なサービスとなっているのです。消費者金融との違いは金利にあります。

消費者金融では上限金利18%からスタートを行い、信用を得ることで段々と下げられていく仕組みになりますが、銀行のクイックローンの場合には上限金利が14%と低めに設定されており、ここから段々と下げられていくことになります。

そのため、申し込む段階での審査が消費者金融よりもハードルが高めに設定されており、これにより銀行のクイックローンを申し込めなかった顧客が、消費者金融を利用する構図が作られるようになりました。

消費者金融と条件を比較しても金利以外は同等の条件になっていますが、ターゲットとなる顧客層の違いから銀行グループに消費者金融を囲っていたとしても顧客の競合が発生しないことになり、銀行グループによっては複数のフリーローンサービスを行う企業を抱えている場合もあります。サービス内容などが異なるので、金利やサポート体制などで使い分けを行うことで、利用者からしてもお得に使うことが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ