クレームによるクレジットカードのトラブル相談とは

クレジットカードにもクレームが存在しており、基本的にはコールセンターにてクレームの受付が行われています。大半は、利用者がカード規約を読まなかったことによるトラブルであり、その多くはクレジットカードの背面にサインを行っていなかったことによる問題です。

クレジットカードの背面にサインをすることは、所有者本人が利用している証明として判断されており、サインを行わなかった場合には、トラブルが発生した際の補償サービスなどを受けることができません。

例えば、クレジットカードを紛失、盗難に遭遇した場合でも、取得した第三者が勝手にサインをしてしまえば店舗側は本人だと認めてしまうので、そのまま不正利用が成り立ってしまい、クレジットカード会社としてもサインを行わなかったことに対して、顧客に責任があると考えるわけです。

そのため、不正利用で購入された商品の代金は補償されることなく、顧客が支払う義務を負うことになります。このようなトラブルを事前に回避するために、クレジットカードを申し込む段階で注意事項の説明や多重債務にならないように説明が行われています。

このように貸し手側としての責任は果たしているので、結局は借り手側の責任となってしまいます。クレーム内容などもこのような説明を受けていたにも関わらず、トラブルに遭遇した例ばかりであり、コールセンターはこのトラブルを解決するために、顧客の相談や問い合わせに対して対応を行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ