クレジットセールスによる割賦販売斡旋の仕組み

クレジットセールスとは信用販売のことであり、割賦販売などが該当します。一括で購入することが難しい高額商品を購入する場合には、クレジットカードの分割払いでも購入することが出来ますが、商品ごとに割賦販売を申し込むことが可能です。

2者間契約であれば販売店と、3者間契約であれば販売店とは別に信販会社を介入させることで、商品代金を立て替えてもらい、申込先の割賦販売斡旋業者に2ヶ月以上、3回払い以上の分割購入を行うことが可能になります。

申し込む際にはクレジットカード同様に審査が発生し、長期的に返済を行ってもらうので、きちんと返済を行ってくれる人間なのかを評価してもらわなければなりません。そのため、過去にクレジットカードや消費者金融の利用で滞納を行ったり、金融事故を引き起こしてしまった場合には、クレジットセールスによる商品購入が行えなくなってしまいます。

このような事態なども想定されるので、個人信用情報機関に登録されないようなクレジットカードや消費者金融の使い方が求められているのです。
2者間契約と3者間契約の主な違いは、割賦販売斡旋業者にあります。

2者間契約では販売会社が立て替えを行ってくれるので、手数料などの設定なども販売会社に委ねられています。携帯電話の販売なども2者間契約で行われており、回線契約のために買ってもらい、3者間となる信販会社が介入してこないので、手数料が発生することがなく商品代金の元金だけが請求されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ