クレジットヒストリーによる新たなる申し込みの審査判断とは

クレジットヒストリーとは、今まで使ってきたクレジットカードの返済履歴の事です。この記録はクレジットカード会社、個人信用情報センターで管理されており、他社のクレジットカード会社や銀行、消費者金融が共有を行うので、新たにクレジットカードの作成や消費者金融、銀行などのローンサービスを利用する際には、審査の対象として判断材料になります。

また、同時期に複数の金融機関の融資を受けている際に、1社の支払いが滞納しただけでもその情報が共有されることから、金融機関によっては他社の滞納であっても即サービスの停止などを行う会社もあります。

クレジットヒストリーはシーアイシーと呼ばれる個人信用情報センターで管理されており、個人でも閲覧を行う事が出来るので、全国の主要都市にあるシーアイシーの相談窓口、もしくは郵送で現在の信用情報を確認することが可能です。

郵送で申し込む場合には、身分証明のために個人情報の記入、身分証明書のコピーなどが必要になります。これを確認する事で、新たに融資を求める場合に審査に通るのかどうかを判断できます。

個人信用情報はこのような仕組みになっていることから、他社で滞納を行った場合でも即座に金融機関に広まってしまう事を認識しておく必要があります。クレジットカード会社や消費者金融、銀行などは融資に対するリスクの軽減のために行っており、出来るだけ信用が出来ない顧客との取引を行いたくないので、信用情報を共有しているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ