クローズドシステムによるクレジットカードの決済

クローズドシステムとは、閉鎖されたエリア内で処理を行うコンピュータシステムのことです。主に独自のサービスを行っている店舗のポイントサービスやスポーツクラブの会員証、限定された店舗でのみ利用できる電子マネーなどに利用されています。

クレジットカードでも同様のシステムが導入されており、国際ブランドごとにシステムが使い分けられています。

クレジットカード業界でのクローズドシステムは国際ブランドを発行するブランド、クレジットカードを発行するイシュアー、加盟店を増やすアクワイアラーの3つの会社で利用されており、例えば、VISAしか利用できない加盟店でMasterCardやJCBのクレジットカードを利用することが出来ません。

つまり、関連している企業と言う閉鎖されたエリアでのみしか使われていないわけです。VISAしか使えないシステムではMasterCardやJCBを利用することが出来ないので、加盟店では別のクレジットカード会社と提携を行うことで、他のクレジットカード会社のクローズドシステムを導入して利便性の向上を行っています。

基本的にはイシュアーやアクワイアラーなどの現地の下請け会社を利用することで、普及に努めてきました。しかし、ダイナースクラブやアメリカンエキスプレスの場合には、この3つの役割を1社で行っており、イシュアーやアクワイアラーなどの企業を使わない、閉鎖的な活動を行っています。VISAやMasterCardなどと比較しても加盟店の少なさや発行枚数の少なさが目立っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ